コラーゲンゼリー効果ランキング!
コラーゲンゼリー効果ランキング! > 一緒に摂ると良い食べ物(成分)
コラーゲンゼリー選びの3つのポイント!

一緒に摂ると良い食べ物(成分)

お肌にも骨にも血管にも必要なコラーゲン。

コラーゲンを多く含む食べ物を食事にうまく取り入れる
ことで、体内のコラーゲンをどんどんとUPさせて
いきたいものです。

では、コラーゲンを取り入れるとき、一緒に摂ると良い
食べ物や成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

コラーゲンを取り入れるとき、一緒に摂ると良い成分として、
アミノ酸やビタミンが挙げられます。

アミノ酸の成分であるプロリンは、コラーゲンと一緒に
摂取することで、より保湿効果を高めてくれると言われて
います。

プロリンとコラーゲンを一緒にとることで、お肌の角質部分
の保湿作用に働きかけてくれるのです。

この、プロリンというアミノ酸は、ローヤルゼリーなど
にたくさん含まれていると言われています。

また、コラーゲンと一緒に摂ると良いとされるビタミンですが、
水溶性と脂溶性があります。

水溶性のビタミンは、主に野菜や果物に多く含まれており、
ブロッコリーやじゃがいも、アスパラ、アセロラや柑橘類
などが代表的です。

例えば、コラーゲンをたっぷり含んでいる豚のバラ肉に、
人参やじゃがいも、ブロッコリーなどを添えてポトフ風
仕上げてみても良いでしょう。

人参

和風なら、お鍋が最適です。

寄せ鍋で好きなコラーゲン食品を投入し、頂くときは、
ゆずやすだちなどの柑橘系のポン酢でいただくことで、
相乗効果が期待できます。

水溶性ビタミンの中でも特にビタミンCは、肌の奥で、
コラーゲンの生成を助けてくれる作用があります。

アセロラや柑橘系は、ビタミンCが豊富なので、
おすすめです。

一方、脂溶性のビタミンでは、レチノールという成分が
代表的でしょう。

レチノールは、鶏肉や豚肉のレバーに多く含まれています。

コラーゲンと一緒にレチノールを摂取することで、
新陳代謝を促し、古いコラーゲンから新しいコラーゲン
へと
入れ替わるサポートをしてくれるでしょう。

焼き鳥屋さんに行った時は、皮や胸肉、レバーをセットでいただき、
レモンを絞ってさっぱりといただくと効率が
良いかもしれませんね。

焼き鳥

このように、コラーゲンを多く含む食べ物と相性の良い成分を

組み合わせることで、より効率よくコラーゲンを摂取して
いきましょう。

 

体の中から健康で、キレイな肌になれる!
アミノリセコラーゲンゼリー詳細へ
アミノリセコラーゲンゼリー

 

TOPページへ