コラーゲンゼリー効果ランキング!
コラーゲンゼリー選びの3つのポイント!

違い

「コラーゲン」や「コンドロイチン」を売りにした商品が、
手軽に数多く手に入るようになった現在、皆さんは
どのようにして商品を選んでいますか?

パッケージのデザインでしょうか?

もしかしたら、それは少しもったいない選び方かもしれません。


どうせ購入するならば、しっかりと「コラーゲン
「コンドロイチン」の違いを理解して、自分に合った商品を
選べるようになりましょう。

働きとしては両者ともに、お肌のハリの維持・回復や関節痛、
リウマチに効果がある成分として世間には認知されていますが、
少し細かく分けると、美容効果・関節痛、リウマチの緩和を
求めている方々に支持が高いのが「コラーゲン」で、
関節炎などで悩まされている方々に人気が高いのは
「コンドロイチン」です。

関節痛の女性

では、同じでは?と思いますよね?

しかし、両者の違いは形成している物質にあります。

コラーゲンは、アミノ酸で出来ていて、コンドロイチンは
ブドウ糖により形成されているので、働きは似ていますが
まったくの別物です。

よって、役割も異なります。

まず「コンドロイチン」の役割はコラーゲンを常に新鮮に
保つことと、細菌など、外的を排除して健康を保つことです。

そして「コラーゲン」は弾力性のある成分ですのでそれによって、
肌にきめ細かさ・ハリを与えてくれます。

コラーゲン不足

ですので、コンドロイチンありきのコラーゲンという事ですね。

コンドロイチンが不足している状態でコラーゲンを取り続けても、
効果は得られないのです。

そして、そもそも私たちの身体の中でコラーゲンと
コンドロイチンは合体した状態で存在している成分です。

ですので、結果から先に言ってしまうと、
「片方だけ摂取していれば安心」なんていう事はあり得ません。

合体しているという事は、お互いが連鎖していますので、
どちらかが減ってしまえば合わせてもう片方も減って
しまうわけです。

よって重要なのは、バランスということになります。

お互いが上手く作用してこそ、身体は健康でいることが
できます。

必然的に結果としては「両者をバランスよく摂取する」
のが、一番良いということになります。

 

関節の動きを滑らかにするコラーゲンがたくさん!
UMIウェルネス コラーゲンゼリー詳細へ
UMIウェルネスコラーゲンゼリー

 

TOPページへ


コラーゲンの効果