コラーゲンを多く含む食品を紹介します!

コラーゲンゼリー選びのポイント!

コラーゲンを多く含む食品は?

コラーゲンゼリー

お肌のハリや、膝の軟骨、血管の柔軟性に
必要なコラーゲン。

 

 

日々の食事でも積極的に取り入れたいところですが、
コラーゲンはどのような食品に多く含まれているので
しょうか。

 

まず、コラーゲンはタンパク質の一種ですから、
タンパク質を多く含む食品を見ていくと良いでしょう。

 

 

特に、脂身のおおい食品にはたくさんコラーゲンが
含まれていると言われています。

 

お肉類なら、豚肉の脂身、牛肉の脂身、鶏肉、鶏皮など。

 

コラーゲンを含む牛肉

 

魚介類なら、脂身の多いトロ、サケ、あんこう、フグ、
高級食材のフカヒレにもたくさん含まれています。

 

 

その他にも、なまこ、すっぽん、うなぎなどにも
コラーゲンはたくさん詰まっているのです。

 

 

つまり、コラーゲンは動物性タンパク質に含まれる、
脂が多くてプルプルしている部分に多く含まれていると
考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

 

コラーゲンを多く含む食品がわかったところで、
次は食べ方について見ていきましょう。

 

せっかくコラーゲンをたくさん含んでいる食品を食べる
のですから、効率よく摂取するべきです。

 

実は、コラーゲンは非常に熱に弱いため、
加熱しすぎると溶け出してしまう傾向があります。

 

フライパンなどで焼いて調理すると、大切なコラーゲンが
どんどんと分解されてフライパンへと流れ出てしまうでしょう。

 

スープなど溶け出してもまるごといただける料理なら、
問題ありません。

 

フライパンで調理したあとの脂に、ソースをなじませる
などして、できる限り多くのコラーゲンを摂取できるよう
心がけましょう。

 

脂っこい食事が苦手だという方は、スイーツで取り入れて
みてはいかがでしょうか。

 

コラーゲンの塊でもある、ゼラチンを含んだゼリーやプリン
を食べたり、マシュマロなど手軽に食べられるおやつで
摂取するのもオススメです。

 

コラーゲンを多く含むレシピへ

 

ただ、コラーゲンを多く含む食品は、コレステロールや
カロリーも高いので注意が必要です。

 

コラーゲンを摂取することを目的としているのに、
体重や皮下脂肪が増えてしまってはバランスが崩れて
しまいます。

 

 

体の中から健康で、キレイな肌になれる!
アミノリセコラーゲンゼリー詳細へ
アミノリセコラーゲンゼリー

 

 

 

トップページへ