ゼラチン、コラーゲンペプチドとの違いを紹介します!

コラーゲンゼリー選びのポイント! アミノリセコラーゲンゼリー

ゼラチンとコラーゲンペプチド

まず、コラーゲンとは肉や魚の煮こごりのことです。

 

魚のアラや鶏肉などを煮込んだ後に冷えて固まるものが
ありますよね。

 

その冷えて固まったものがコラーゲンです。

 

魚の骨や皮にたくさん含まれているコラーゲンですが、
毎日、適量摂るのは大変ですし、体への吸収率はあまり
よくないです。

 

肉

 

ですので、コラーゲンを加熱し精製して体に吸収されやすい
状態にしたものがゼラチンになります。

 

ゼラチンは、ゼリーなどを作る時に使われますから
分かりやすいかと思いますが、水には溶けにくくお湯
にはよく溶けます。

 

お湯に溶けたものが、冷えて固まるとゼリー状に
なります。

 

コラーゲンゼリー

 

医療、カプセル、写真用などにも利用されています。

 

このゼラチンを酵素分解してさらに細かくしたものが
コラーゲンペプチドになります。

 

分子量(コラーゲンの大きさ)が小さいので、水にも
よく溶けるようになり、私たちの体へも吸収されやすく
なります。

 

一般的に売られている「コラーゲン」と書かれている
商品は、このコラーゲンペプチドであるものが多い
です。

 

飲料、健康食品、化粧品素材などに使われています。

 

コラーゲンは、アミノ酸からなるタンパク質です。

 

コラーゲン、ゼラチン、コラーゲンペプチドは、
分子量が違うだけでアミノ酸組成はどれも一緒です。

 

皮や骨などに含まれるコラーゲンが一番分子量が大きく、
次がゼラチン、その次がコラーゲンペプチドとなって
いきます。

 

このコラーゲンペプチドをさらに分解するとグリシン、
プロニン、アラニンといったアミノ酸になっていきます。

 

以前は、タンパク質は全て食べるとそれぞれのアミノ酸に
分解されるとされてきました。

 

ですが、コラーゲンは、他のタンパク質とは違い結構な
割合でアミノ酸が2個〜数十個繋がったペプチドのまま
吸収されて長い時間血液の中に留まっていることが
明らかになっています。

 

その内、コラーゲン特有のアミノ酸であるヒドロキシ
プロリンという成分が血流によって体全体に運ばれて
いき、皮膚や骨、関節や血管などの再生、修復を促進
していきます。

 

 

 

ハリのある毎日に!
アスタリフトドリンクピュアコラーゲン10000詳細へ


アスタリフトコラーゲンドリンク

 

 

トップページへ

関連ページ

コラーゲンとは
コラーゲンについて解説しています
効果・効能
コラーゲンの効果・効能を詳しく解説しています
不足すると?
コラーゲン不足になった時の体への影響を解説しています
過剰に摂ると
コラーゲンの過剰摂取について紹介しています
多く含む食品
コラーゲンを多く含む食品を詳しく紹介しています
多く含むレシピ
コラーゲンを多く含むレシピを詳しくみていきます
一緒に摂ると良い食品(成分)
コラーゲンと一緒に摂ると良い食品や成分を紹介しています
効果的な摂り方
コラーゲンの効果的な摂り方を紹介します