ひざ痛を改善しよう!

コラーゲンゼリー選びのポイント!

コンドロイチンでひざ痛改善!

コラーゲンも関節痛に関係していますが、
コンドロイチンも関節痛に関係しています。

 

60代の日本人女性の約6割が変形性膝関節症
と言われています。

 

この病気は、軟骨がすり減って炎症が起きる
ために起こります。

 

関節の軟骨は、骨と骨がぶつからないように
クッションの役割をしています。

 

長年、関節を使っていると軟骨がすり減り、
関節を包んでいる関節包と呼ばれる部分の
内側に炎症が起こるために痛みが出てきます。

 

変形性膝関節症の原因の一つは加齢です。

 

他には、運動不足、肥満、O脚があります。

 

よく耳にすると思いますが、太っていると
ひざに負担がかかります。

 

また、運動不足になると筋肉が低下するので、
ひざの負担が大きくなります。

 

O脚の人は、重心が偏るために軟骨の片側が
すり減りやすくなってしまいます。

 

ひざ関節が痛いとつい歩くのが億劫になり、
それがさらにひざの痛みを悪化させてしまい
ます。

 

 

結果、まったく歩くことが出来なくなって
しまうこともあります。

 

変形性膝関節症を予防、改善するために効果が
高いのは、運動と太っている人は減量です。

 

ひざが痛いからと言って動かないとひざを
支えている筋肉が弱って、ひざへの負担が大きく
なって、さらに軟骨がすり減りやすくなって
しまいます。

 

まず、痛みのない動き方を探して、できるだけ
体操をするようにしましょう。

 

食事は、腹八分目を意識して、体重を徐々に
減らしましょう。

 

また、軟骨の主成分であるコンドロイチンと
グルコサミンの補給も心がけましょう。

 

コンドロイチンは、軟骨、皮膚、血管などの
結合組織をつくる栄養成分の一つです。

 

組織に保水力や弾力を与えてくれる働きが
あります。

 

不足すると骨粗鬆症の原因にもなります。

 

コンドロイチンを多く含む食品には、
納豆、オクラ、やまいもなどのネバネバ
食品や海藻などがあります。

 

グルコサミンは、軟骨細胞をつくるのに
必要な成分です。

 

体内でつくることができますが、つくる能力
は、年齢とともに落ちていってしまいます。

 

カニやエビの殻にグルコサミンは多く含まれて
いるので、まるごと食べられるサクラエビなど
がおすすめです。

 

食品で補えきれない時は、サプリメントなど
で補ってあげるのもよいでしょう。

 

 

 

関節の動きを滑らかにするコラーゲンがたくさん!
アミノリセコラーゲンゼリー詳細へ
アミノリセコラーゲンゼリー

 

 

トップページへ


関連ページ

コンドロイチン
コラーゲンゼリーの効果とは?、どういったもの?今売れているうるおい宣言などのコラーゲンゼリーなどの特長を詳しく紹介しています。年々減っていくコラーゲンを補ってうるおいのある肌を取り戻していきましょう!
違い
コラーゲンゼリーの効果とは?、どういったもの?今売れているうるおい宣言などのコラーゲンゼリーなどの特長を詳しく紹介しています。年々減っていくコラーゲンを補ってうるおいのある肌を取り戻していきましょう!