動物性コラーゲンを紹介します!

コラーゲンゼリー選びのポイント! アミノリセコラーゲンゼリー

動物性コラーゲンとは?

コラーゲンゼリー

「動物性コラーゲン」の代表例をあげて下さい。

 

と言われた場合、何が思いつきますか?

 

おそらく、ゼラチン!とお答えになる方が多いのでは
ないでしょうか。

 

その通りです。

 

「動物性コラーゲン」とは、昔から認知されていて、
最も一般的に使用されてきたコラーゲンの一つです。

 

「アニマルコラーゲン」とも呼ばれます。

 

熱に強いという性質があるため、加工しやすく、
良く目にするゼラチン・グミに始まり化粧品まで
幅広いジャンルの商品に加工されています。

 

 

最近では、「コラーゲン鍋」としても親しまれています
よね。

 

これらの原料となるのは、豚・牛・鶏など、動物の骨・
皮膚・軟骨から抽出されるタンパク質の一種である
コラーゲンです。

 

しかし今現在では、「狂牛病」の問題が起こって以降、
牛由来の製品はとても厳しく管理されている上、
大抵の場合は加工がしやすいため、低価格での
提供が可能だという理由から、「豚」を使用した商品が
主流になっているようです。
(上記の「コラーゲン鍋」は例外で、鶏が主流になっています。)

 

また、元々人体の平均体温は36度〜37度、
豚・牛・鶏などの平均体温は38度〜45度とずれが
あるため(人間の体温よりも高温)、そのままでは人体に
取り入れた際、上手く消化吸収出来ない場合や、
時間がかかってしまう場合があるため、分子を細かくする
ことによって、吸収を早められるように工夫が施されている
商品もあります。

 

普通ですと、摂取してから人体に吸収されるまでは
約4〜5時間程だそうです。

 

低分子化された商品ですと、体内に吸収される時間が
とても短くなりますので、ぜひ一度買い物をする際に表示を
チェックしてみて下さい。

 

昔から、長い間使用されてきた「動物性コラーゲン」。

 

以前から今現在まで、身の回りの数多くの食品や美容・
健康の為の様々な製品、薬を入れるカプセルとして市場に
出回っています。

 

 

 

たっぷりのコラーゲンでハリのある毎日に!
アスタリフトドリンクピュアコラーゲン10000詳細へ


アスタリフトコラーゲンドリンク

 

 

トップページへ


関連ページ

種類
低分子
低分子コラーゲンについて詳しく解説しています
非変性U型
非変性U型コラーゲンについて詳しく解説しています
海洋性
海洋性コラーゲンについて詳しく解説しています